忍者ブログ

マネキネコ(ゲームレビュー)

同人フリーゲームのレビューをしております。 たまに、アニメなどの話題も。

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 制作:TetraScope
ジャンル:乙女向け恋愛アドベンチャーゲーム

フリー版:R15 シェア版:R18


桜哉は大切な家族で、桜哉は桜哉で、桜哉は――?
西暦2XXX年。
生活の機械化が進み、人間とロボットが日常で当たり前のように共存するようになった頃の日本。

今は亡き父の研究のもとに生み出された桜哉(さくや)は、自我と感情を持つ限りなく人間に近いアンドロイドだった。
10年以上共に生活をし、桜哉との間に"家族"以外の関係性を疑うことなど無かったある日。
久しぶりに再会をした幼馴染みの上村榛から、桜哉についての取引きを持ちかけられる。
その日から少しずつ、桜哉との関係に変化が現れ始めて――。

人間とロボット。
それぞれの感情と記憶が交差する、ショートラブロマンス。


(制作サイトより引用)


『私のリアルは充実しすぎている』をプレイしてから、TetraScopeさんの作品に俄然興味が沸いてきた私は、そこでふと「そうだ、『わたじゅう』をプレイし終えたからには、各所で話題になっている『桜哉』をやらねばなるまい……!」と思い立ち、早速今日体験版をプレイしてみました。

う~ん、やはりこちらの期待を裏切らない仕上がりの作品のようで、今から完成版の購入にワクワクが止まりません。
グラフィックも音楽も、みんな素晴らしい!


この『桜哉』という作品には、フリー版とシェア版、二種類の頒布方式があるのですが、無料と有料の間には、エンディングの数が多いか少ないかという大きな違いが。

もちろん、シェア版の方を購入させて頂くことにします。


フリー版との差異には、性描写の有無も含まれますが、乙女ゲームで性描写はちょっと……という方にはフリー版(R15)をオススメします。こちらだけでも、メインルートのシナリオを一通り読むことができますので。


人間とアンドロイドの恋愛という、なかなか重くそして複雑なテーマを扱う本作ですが、体験版をプレイしている間、妙に既視感を覚えると思ったら…そうそう、ジャンルは全く違う作品ですが、『機械の五感』(制作:空月 BLR18フリー)になんか雰囲気が似ているような…。

変わりばえのない日常、けれどその中に確かに存在する、人間とアンドロイドの奇妙な距離感。
『桜哉』と『機械の五感』、どちらにも共通する部分はそれなのかな、とも思います。


『機械の五感』が好き、という方にも合う作品だと思います。…たぶん。

拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
炎 みやび 
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
ゲーム、アニメ、読書、料理etc...
自己紹介:
※初めて訪問された方は、「ブログ概要」に目を通して下さると嬉しいです。

気ままに、好きなゲームのレビューを書いております。主にフリーゲーム中心。
女性向け(乙女・BLゲーム)の感想も扱うのでご注意ください。
あと、一応ネタバレには白文字で配慮しております。
時々、年齢制限があるコンテンツを紹介することもあります。
18歳未満の方(高校生含む)は閲覧にお気をつけください。

ブログ内検索

カウンター

P R

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- マネキネコ(ゲームレビュー) --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]