忍者ブログ

マネキネコ(ゲームレビュー)

同人フリーゲームのレビューをしております。 たまに、アニメなどの話題も。

2017/03    02« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



大好きな漫画「腐女子のつづ井さん」、第二巻が出た!
もう注文したから、明日くらいに届くはずなんですが…デカい用事を済ませたら、すぐ読めるー!(´▽`*)


「人外さんの嫁」も届くの楽しみ!

最近自分の中で静かに人外ブームが来てる気がする。
カネノギさんがとても可愛いのはもちろんのこと、嫁の男子高校生・日ノ輪くんも個性的な人外さんたちに負けず劣らずカワイイ……!

こういう系統の漫画だと、主人公はどうしても平凡な感じの、没個性的?な子になる定めのように感じたので、日ノ輪くんみたいな独特の感性持ちの子が出てくるとなぜか嬉しくなる。
主人公の周りの奴らがことごとく天然ちゃん揃い(そして全員総じて嫁or旦那バカ)なんで、割とツッコミ不在な状況になるのも見てて楽しい。


詳しい感想は(たぶん)また後日。

拍手[0回]

PR
は、初めてブログを広告が出るまで放置してしまった…(゚д゚)!
一応生きてます。最近、特に教習場通いのせいで毎日が忙しく感じるような。


只今、ゆにっとちーずさん制作の「ご主人さまにあ同人18)」の序盤をプレイ中ですが…
思っていた以上にこのゲーム、面白い…!

作中の絵に少々難あり、と言われているようなのですが、これはこれでこの作品の纏う、クセが強いような、輪郭のぼやけた捉え処のない狂気にマッチしていていいと思います。


メインキャラの男女3人を担当しているキャストも素晴らしい。

心を病んだヒロイン・みつ希役:赤司弓紀さんによる、喘ぎ呻き悲鳴絶叫、気だるげな自嘲ボイス、そして感情を爆発させたヒステリックな叫びetc...を余すところなく、たっぷり味わえる作品。これが同人! すごいぞ同人!!


あと個人的には鬼畜サド男・浅見を担当した、三橋渡さんの演技もちょっと推したい。
紳士っぽい振る舞いをしている普段の穏やかな声と、みつ希をいたぶっている時のドスの効いた声の演じ分けが…!

鬼畜全開モード浅見さんの、穏やかな中にも嗜虐をたっぷり含ませた声色を使った演技は必聴。
ただ声を張り上げて怒鳴り散らすのではなく、終始淡々と話すところが怖い。


シナリオの心理描写も文句なしに面白いですし……
作品の雰囲気はとにかく重たくてしんどいんですが、ちょっとずつ読み進めていきたい。
ご主人さまにあ

拍手[1回]


フリーゲームと出会ってから早十年近く……
ついにゲーム制作に手を出してしまいました。スクリプト言語ぜんぜん分からんくせに。

ティラノビルダーという素晴らしいゲーム制作エンジンがなければ、ここまで作り込むなんて不可能だったと思います。
ありがたい…ありがたい…


上2つのサムネイルは、現在制作中のやつのスクショとネチネチいじくって作ったタイトル画面(センス皆無)。
ゲームジャンルは、薄味な感じの友情寄りBLとなっております。
(制作者の趣味全開)

ゲーム本体はもう95%ほど出来上がっています。
シナリオはほとんど完成して、あとは細かいデバッグと文字表示の微調整を行うだけ。


問題はコレを、いつ公開するのか…だ!
(来年のエイプリルフールに便乗したいなとは…)
もうすぐ完成しそうだし、余力があればもう1本、短編ゲーム作ろうかな…フラグ?

拍手[2回]

同人DL販売サイトでのネットショッピング。

気になっているけど買ってない同人ゲームと同人誌を、カートにガンガン入れまくって買うことにした結果。
〆て合計・1万5000円程度也。嗚呼…。


先日ネットで買った同人ゲームは、

・鉄条の囹圄
・Rivers of Blood
・ゆびきり婚約ロリイタ
・贄の赤ずきん
・ご主人さまにあ
・下劣な雄豚
・犯犯衝動
・囲 -カコイ- これくらい。

ちょっと古いものは、守り鬼 と 王様の蝶、

あと、普段なら絶対買わないジャンルなんだけど、
・妻陥落 も買ってみました。なんか面白そう。

拍手[0回]

映画観ました。

…えっと。

なんか…凄かった、です。
ちょっといろいろ書きたいことはあるんだが、考えがまとまらないッ…!

あと「EZ DO DANCE」。嗚呼。

いろいろバーニンだった。シックスパックだった。
そして、観てて気持ち良かった。


噂には聞いていましたが、
応援上映…めっっっ~~ちゃ楽しいですね――!
観に来てたお客さんたちがみんなノリが良くって。

私の両隣に座っていたのが、所謂「ガチ勢」なお姉さんたちで。
一挙手一投足、その全てがすげープロ!って感じだった。

隣にタイガ君コスの人が居てて、上映中になんだかドキドキしました(笑)


サイリウムを振るし、コールもツッコミも掛け合いもオッケーだし、ライブに近いモンなのかなと本編観る前まではそう思っていたのですが…

結論から先に書くと、
キンプリは(ユニバとかにある)3Ⅾ体験アトラクションをそのまま映像化したみたいなアニメ映画でした。


とてもパワフルな観客が一体となるアトラクション(みたいなアニメ)を1時間疑似体験できてしまうのだから、映画鑑賞料1600円は、まあ割に合っている方だと思う。

もっと身近な事象で例えると、シアター内で映像を見ながらニコニコ動画のコメントを打って、それを目の前の大型スクリーンで共有してる感じ。
ニコニコのノリに近い感じの、コール&レスポンスが多かった気がする。
プリズムショーと応援上映の相乗効果、半端ない!


ああいうノリに合う人、合わない人と意見が真っ二つに分かれそうな映画だとは感じましたが…
ちゃんとした続編が作られたら、また世間からの評価も変わるんじゃないかな?

とりあえず私は続編が出たら観に行きたい。プリズムキングカップがどうなるのか気になるよー!!
うん、キンプリ良かった。最高だった!
あと、しつこいようだけど「EZ DO DANCE」が流れるシーンはヤバイぞ!

(そのシーンだけでも観に行く価値はあると思った)

拍手[0回]


よ…予約した…! やっとだ…!
明日の夜に観に行ってきます、話題のキンプリ!!

ちなみに
「全裸」「EZ DO DANCE
腹筋シックスパック
尻からハチミツ

という、かなり偏った情報でしかこの映画を把握してないんですが、大丈夫かなぁ。
応援上映も初めて参加するし。一応、ファンの子の勧めに従って3本ほどサイリウム買うよ!

ツイッタラーの皆さま方から、
キンプリはいいぞ」「プリズムの輝きが…」「●●(規制)がバーニンッ!
といった、ぶっちゃけ頭おかしい感じの布教文句を洗脳のごとく刷り込まれ…


行くしかないじゃん! こんなの!!(楽しみ)

拍手[0回]


制作:Milky Way
ジャンル:幼馴染で遊ぶ女性向け恋愛ゲーム

いつものようにお昼休み、何もすることが無い
主人公(結衣)が幼なじみのゆきちゃんに
遊ぼうよって言って最初は面倒臭がっていたのに
最終的に付き合ってくれる、心優しいゆきちゃんで遊ぶゲームです

(ふりーむ! の作品紹介ページより引用しました)

(制作者様のサイトによれば、ゲーム本体の圧縮ファイルを解凍する際、
   使用しているパソコンによってはファイルの内容が全て文字化けし、ゲームプレイ不可能になる
ようです。ご注意を。

   また、Lhaplusのファイル解凍でもバグが出る、という方はCubeICEというソフトで解決できます!
   みやびのパソコンでも文字化けバグが出ましたが、それで無事解決いたしました…)

幼馴染のゆきちゃんと(で?)、遊ぼう!

本作は、今年のエイプリルフールに公開された、短編の女性向けゲーム。
乙女ゲームっぽい雰囲気を醸し出しているこのゲームですが、どちらかというと少女漫画っぽいタッチのラブコメを楽しむゲームに近いので、厳密に言うと「乙女ゲーム」じゃない…

…のかもしれない。
(なにせこの二人は、両片想いという現状さえ除けば、実質家族公認のバカップルなので……)


学校の昼休み、特になにもすることがない主人公・結衣(名前変更可)は、幼馴染のゆきちゃん(本名は國之)で遊ぼうとして、いろんなことを提案するのですが…。

幼馴染……なんて素敵な響き!(ただし二次元に限るが
それにしても、作中でのゆきちゃんの可愛さが色々とマッハレベルでした……

ゆきちゃんの破壊力、ハンパねェ!


主人公・結衣の行動が完全に、「好きな子ほどいじりたい」タイプな件(笑)
何といっても、ゆきちゃんが兎に角いじり甲斐のある子なので、幼馴染で遊びたいというその気持ちはスゴいよく分かる

「涙目なゆきちゃん…ベネ!」と思わずそう思っちゃう程度には… なんだこの可愛い生き物。


二週目プレイにより、隠しトゥルーエンドへ到達するとおまけモードと後日談が解放されます。
普通にプレイするだけでは、おまけモードは解放されないので注意!

トゥルーエンドに向かうルートでは、男…いや、を見せるゆきちゃんの姿が見れますよー。

でもそのきっかけが、まさかの[催眠術]とは……(笑)そういうゆるさが、このカップルの面白い所なのですが。


ほんわりとした絵柄に違わず、プレイしているこちらをなんとも幸せな気分にさせてくれるゲームでした。
「サクッとなにか可愛いのをプレイしたい」という方にもオススメできると思います。

今までレビューした作品のリストは →こちら

拍手[0回]

アイドルマスターシンデレラガールズとコラボしていた、
グッドスマイル×アニメイトカフェ(大阪日本橋店)
コラボ最終日に、ギリギリ入店出来ました。うおお間に合って良かったー!
(3月30日の夜に入店)

疲れがとんでもなくピークに達していた時に寄ったので(あまりの疲労と空腹により)、やたら受け答えがおぼつかない状態だった為、その日応対してくれた店員さんにはなんか、申し訳ないことしたなと思います。
正直スマンかった。

楓さんのラーメンも捨て難かったのですが……

城ヶ崎姉妹のファミリアツインオムライス(けっこう美味しかった)
ラブライカフロート(ドリンク)
御城常務のカプチーノ(改めて画像で見るとすんごい存在感)

この三つを頼みました。あと、みくにゃんのマスコットを帰りがけに購入致しました。
(蘭子パスタとTriadのおにぎらずは注文不可でした…うぅ。)
あ、ブロマイド二枚とプロデューサー名刺をもらいました…。名刺て…!


私が立ち寄ったカフェ最終日の夜、店員さんを含む店内の人全員で、アイドルユニット
絵合わせ(?)ゲームなるものを行っていたので、とりあえず参加。

(店員さんの推しユニットと同じカードを挙げればプレゼントがもらえる、という大人数参加が必須のゲーム)

店内のお客さん皆、カードを宙に掲げる際に、推しアイドルの名前を思い思いに叫んでおりました。(私もひっそり「みくー…」と言いました…意外と恥ずかしい)


店員さんが結果を発表する前に、こっそり周りを見渡すと、多分だけど「Triad Primus」のカード出している人が一番多かった…かな?

結果、女性の店員さんが挙げたのはなんと「アスタリスク」のカード。「みくちゃん!」と叫んでおりました。うおー、偶然だと思うが見事に一致!
ユニットに加え、推しの娘まで! と、ひっそり興奮してました。

ちなみに、アスタリスクのカードを掲げていた客は私も含め5人程でした。なかなかの確率であった。


ゲームに勝ったので、コースターのプレゼント(ランダム)をもらいました。
選んだコースターの柄は、城ヶ崎(カリスマJC妹の方)でした。カワゆし

大変満足し退店したのち、母と二人でちょっと呑んでから帰宅。最終日でしたが、行けてホントに良かったー(二回目)!

拍手[0回]


今日で、審神者就任一周年になりましたー うひょー!

噂には聞いていましたが、一周年の演出、ヤバイっすね(興奮)!!
オルゴールバージョンの本丸メインBGM(ネタバレ)がイイ感じ!


お気に入りの一周年記念台詞も複数スクショ撮ってみました。
どう考えてもネタバレなんで、特に一周年まだ迎えてない審神者の方々は要注意です。

一応、ワンクッション置いておきます!

拍手[0回]

4月1日当日過ぎても、ダウンロード可能なエイプリルフールゲームのリンクも載せます。
(需要があるかどうかは分かりませんが…)


時雨屋本店超長編国と国がぶつかり合う感動の全米がないたアクションRPG
短編ノベルゲー「ヴァンパイア・アンダーザムーン」を公開


エイプリルフール企画「カスミ・ロード」(乙女ゲーム)公開:リンク


蒼月華:エイプリルフール企画 音楽ゲーム・Iris - アイリス - Music World公開
「――君に聴かせたい音がある」


創作サークル.aihen:「エイプリルなフールへの招待状」公開
ジャンルは「ノリだけで作った田舎娘と都会男の女性向け四月一日ADV」。


Milky Way:幼馴染で遊ぶ女性向け恋愛ゲーム「ゆきちゃん❤~私と一緒に遊びましょ~」公開

いつものようにお昼休み、何もすることが無い
主人公(結衣)が幼なじみのゆきちゃんに
遊ぼうよって言って最初は面倒臭がっていたのに
最終的に付き合ってくれる、心優しいゆきちゃんで遊ぶゲームです

(サイトより引用)


和製オフィーリア:BLゲーム「snow&black」公開
「片方は本物の幼馴染。もう片方は偽物の宇宙人。――さて、どちらを殺す? 」


箱庭1ha:「四月の君へ」公開

―四月。それは出会いの季節。
誰もが期待と不安を胸に抱く中、人形は思った。
「あの子を守るにはどうしたら良いのだろうか…。」
そして人形は願った。「もっと世界が平和になるように。」
何かに呼応するように、彼は立ち上がった。
行け、人を守るために。戦え、月を鎮めるために。
嗚呼、彼等に平穏が訪れる日は来るのだろうか。

(サイトより引用)


雪白象外:2016年エイプリルフール乙女ゲーム「こぼれ話は時空の狭間で。」体験版
(GWに更新予定)


ベルカゲ:「緑の姫君」派生エイプリルフール企画ゲーム「うそつきアリス」公開

時は4月1日。
仕事を全力で放り投げ、暇を持て余していたアリスはリーフに
今日がエイプリルフールであることを告げられる。
「なら、嘘をつかなきゃいけないな!」
まるで義務であるかのようにお互いノリノリでそう言い合い、
アリスとリーフは暇つぶしに適当な人へ嘘をつくことに。
ターゲットはウェルシュ、レオン、フィナンシェ、ルピナス。
さて、誰に嘘をつきに行こうか。

(サイトより引用)


箱庭のイデア:ADV「人形師と紡命の少女」(四月末まで限定公開予定)

拍手[0回]

プロフィール

HN:
炎 みやび 
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
ゲーム、アニメ、読書、料理etc...
自己紹介:
※初めて訪問された方は、「ブログ概要」に目を通して下さると嬉しいです。

気ままに、好きなゲームのレビューを書いております。主にフリーゲーム中心。
女性向け(乙女・BLゲーム)の感想も扱うのでご注意ください。
あと、一応ネタバレには白文字で配慮しております。
時々、年齢制限があるコンテンツを紹介することもあります。
18歳未満の方(高校生含む)は閲覧にお気をつけください。

ブログ内検索

カウンター

P R

| HOME Next >>
Copyright ©  -- マネキネコ(ゲームレビュー) --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]