忍者ブログ

マネキネコ(ゲームレビュー)

同人フリーゲームのレビューをしております。 たまに、アニメなどの話題も。

2017/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  
  
制作:三尺寝 
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「ウワサ」はいつ生まれ、いつ消えていくのか。
 
 
 
選択肢無しの一本道ノベルです。
内容はやや暗めですが、人が死んだりとかはしません。
 
モノクロのイラスト、シンプルなBGM。
雰囲気作りにこだわりました。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
(フリーゲーム 夢現のページより引用)

 

「…in white」と同じように、雰囲気が独特で、かなり気に入っているサウンドノベルです。

ゲームタイトルのコモンセンスとは、英語で「常識」という意味。

一つ一つのエピソードは短く、タイトル画面の「はじめから」をクリックするたびに新しいエピソードへ進みます。
こういうシステムのため、本作にはセーブ&ロード機能というものがありません。

いわゆる「萌え系」とはかけ離れているグラフィックと、雰囲気を大事にしているBGM。
そして、「ウワサ」を中心にして進む物語。

常に「ウワサ」の的になるマキ、駅の階段から人を突き落とすという「ウワサ」の張本人である加納、そして「ウワサ」に翻弄されるカオリ。
三人の少年少女たちが現実で迷ってしまった時、彼らは「階段から落ちる」という行為を持って、「常識」から一時的に逃避する。
ティーンエイジャー特有の、複雑な迷いと不安を浮き彫りにした心理描写は素晴らしかったです。
プレイ後、タイトルをもう一度見たとき、その意味を思い出すと同時に心地よい読後感がありました。

不思議な雰囲気の短編サウンドノベルをしたいのなら、是非。

拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
炎 みやび 
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
ゲーム、アニメ、読書、料理etc...
自己紹介:
※初めて訪問された方は、「ブログ概要」に目を通して下さると嬉しいです。

気ままに、好きなゲームのレビューを書いております。主にフリーゲーム中心。
女性向け(乙女・BLゲーム)の感想も扱うのでご注意ください。
あと、一応ネタバレには白文字で配慮しております。
時々、年齢制限があるコンテンツを紹介することもあります。
18歳未満の方(高校生含む)は閲覧にお気をつけください。

ブログ内検索

カウンター

P R

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- マネキネコ(ゲームレビュー) --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]