忍者ブログ

マネキネコ(ゲームレビュー)

同人フリーゲームのレビューをしております。 たまに、アニメなどの話題も。

2017/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
処女失格 ~初めては貴方に捧げたかった~(少々自主規制版)
制作:禁飼育

18歳未満の方のプレイ不可過激な性描写・犯罪描写が含まれます



しゃべって動く、お風呂のスポンジぬいぐるみの女の子・ちぎみはごかくさんという保護者の中年男性と一つ屋根の下でまったりと毎日を過ごしている。
ごかくさんと過ごした楽しい休暇の次の日、彼の忘れ物に気付いたちぎみ。決死の覚悟で忘れ物を届ける為外出した際に、川嶋という名の一人の青年に出会ったことから彼らの平和な日常に少しずつ変化が生じ始め……。



ちぎみちゃん」の記事でも触れたと思うんですが、こちらの「処女失格」こそがストーリーの本当の姿だったというわけです。
まさかあのままで話が終わるわけ無いよなぁと思った方、お察しの通り、「ちぎみちゃん」では本番はまだ始まってすらいなかったのでした!


あ、念の為書いておきますが、本作は過激な性描写などを多分に含んでいます。もちろん、18歳未満(高校生含む)の閲覧、プレイは絶対に駄目ですよ。
作者様曰く、『過激描写に耐えられない方、「ちぎみちゃん」を気に入った方はプレイをご遠慮ください』とのことです。


以下、「処女失格」の感想などをつらつらと。
18禁作品の感想(ネタバレ全開)を書いているので、ワンクッション。
ネタバレ部分を読む場合は、グレーの文字を反転させてお読みください。


 


拍手[3回]






■start

こちらのエピソードの前半部分は「ちぎみちゃん」とほぼ同じ内容ですが、所々細かい部分が改変されています。

大好きなごかくさんの忘れ物を届けるため、言いつけを破ってまで(無謀にも)ぬいぐるみのちっこい体で彼の元へ行こうとするちぎーですが、「いや、ムチャだろそれ!」と思った矢先カラスの襲撃に遭い、ピンチに。
そんなちぎみを救ってくれたのは、メガネを掛けた好青年・川嶋さん。
彼と出会ったことで、ちぎみの心に小さな変化が現れるのですが…

それにしても、ごかくさんのちぎみに対する執着心はすごいとしか言いようがありませんね。
ちぎみが川嶋と出会った後のごかくさんのキレっぷりと動揺からも、彼の独占欲は尋常じゃないことが良く分かります。


そして、ついにごかくはちぎみに本性を現しかけるのですが、いやあなんと言うか、彼のお風呂場でのちぎーに対するセクハラ行為の描写が、大していやらしい事をしているわけでもないのに、全体的にイイ感じにねっとりしていました。

キツキツなサイズの白い競技用水着をわざわざ準備するとはごかくさん……ちぎーのむっちりお肉を堪能したいのですね、分かります。
あと、ごかくさん、「養豚系女子」というワードはいろいろアウトだ。


風呂場でのごかくの豹変ぶりにショックを受けたちぎみが、頭の中で奇妙なフラッシュバックを見たところで「start」部分のエピソードは終了し、タイトル画面に「Mine」が出現して次のエピソードへ。


■Mine

本編の謎が全て、こちらのエピソードで解決します。
今まで気になっていた伏線などが回収され、物語の全貌が徐々に明らかになっていきます。
全てを読み終えた後、何とも言えない切なさ、やるせなさが胸にグッと来る感じを味わわされました。


大手企業の清掃員として働いている伊豆野ちぎみ。慣れない飲み会が終わった後、気分が悪くなってしまった彼女を介抱してくれたのは人の良い、一人の青年。

彼がプレゼントしてくれた黄色い花のヘアゴムを頼りに、彼女は近所のカフェで青年を見つけるのですが……
それにしてもぽっちゃりなちぎみさん(30)かわいい。アラサーかわいい。

全編に渡ってちぎみが何とも不憫で、川嶋との幸せを手に入れたかと思った直後にごかくに汚されてしまった彼女が行為の後、川嶋から届いたメールを見た時に感じた絶望感がひしひしとこちらにも伝わり、悲しくなりました。


自殺未遂を起こした伊豆野ちぎみを己の身の可愛さから、何とか隠蔽しようとしたごかくが頼ったのはくま先生こと亜熊という奇妙な男。
その男の手によって生まれたのは、伊豆野ちぎみのパーツによって作られたぬいぐるみのような姿の生命体でした。(というか、ぶっちゃけこれってクローン並みのトンデモ技術ですよね。)
最初の頃こそ、ぬいぐるみ姿のちぎみを疎んでぞんざいに接していたごかくですが、彼女が瀕死状態になってしまった事から、彼の内面にも変化が訪れます。

ちぎーと共に過ごすうちに、彼女が彼にとってかけがえのない存在になった事に気付くごかく。
やがて彼は、ぬいぐるみの姿になる前の彼女、伊豆野ちぎみに対してしてしまった事を深く悔いるのですが…。


それにしてもちぎみを犯した頃の、女を普通に見下すわ、金と謝罪さえあれば解決すると思っていたかつてのごかくからしてみれば、ちぎーとの暮らしの中で随分とマトモな方向に変わったモンだなぁとしみじみ痛感してしまいます。

最終的にはあの、散々クズっぷりを披露していた男を自ら土下座させてしまうちぎーさん、恐ろしいっす……! ぬいぐるみ、強ぇえ!!

でも、いくら言動がマトモになったからといって、根底の部分まで変化するほど、人間は単純に出来ていません。この辺は亜熊さんの言った通りなんでしょうね。
ちぎーを大切にしたい反面、彼女をずっと独占したいと思うごかくが自分の冷酷な独占欲と臆病な依存心によって板ばさみに苦しむ描写が良かったです。


ちぎみがごかくと過ごした楽しい日々は、決して嘘偽りの無い幸せだった。
記憶を取り戻した後、かつて自分を汚した男を憎む反面、彼に対して愛情も感じていたちぎみが結局ごかくを憎みきる事が出来ず、彼の傍に居続けるという選択をするシーンは見ていて胸がぎゅっと締め付けられました。

最後に、心の中で川嶋に別れを告げたちぎみがとても切なかったです。
エンディングテーマの「解けない雪」が美しく、切ない雰囲気の曲で素晴らしかったです。


関係ないのですが、ちぎみとごかくも、もっと別の出会い方をしていれば普通に幸せになる未来もあったかもしれないなーなんてプレイ後考えてみたり。
ちなみに、私は作中で出てきた「マーライオン状態」という言い回しが妙に気に入ってしまいました(笑)
それにしても、川嶋さんは最後まできらっきらにカッコいい、メガネ男子でしたね……。
紳士で優しいフツメン、嫌いじゃないわっ!!

ところで、作中でちぎみが好きなサントラの例として挙げていたレストランドラマって、「王様のレストラン」の事でしょうか?確かに、千石さんはかっこいいですよね。私も大好きな、名作ドラマです。


美中年悪人キャラを堪能したい!というような方におすすめできる作品です。
一応、ジャンルは「乙女ゲーム」のはずなのですが、エロ描写などは男性向け色が強いので男性でも普通にプレイできるかと。
あと、最後に…美形な悪人って素敵ですね!!

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
炎 みやび 
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
ゲーム、アニメ、読書、料理etc...
自己紹介:
※初めて訪問された方は、「ブログ概要」に目を通して下さると嬉しいです。

気ままに、好きなゲームのレビューを書いております。主にフリーゲーム中心。
女性向け(乙女・BLゲーム)の感想も扱うのでご注意ください。
あと、一応ネタバレには白文字で配慮しております。
時々、年齢制限があるコンテンツを紹介することもあります。
18歳未満の方(高校生含む)は閲覧にお気をつけください。

ブログ内検索

カウンター

P R

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- マネキネコ(ゲームレビュー) --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]