忍者ブログ

マネキネコ(ゲームレビュー)

同人フリーゲームのレビューをしております。 たまに、アニメなどの話題も。

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前に話題に出した、ハースニールさんの新作ゲーム「オタサーの姫に告られた結果wwwww」全クリしまし…、た……あー、後味悪い……。


美憂はもちろんのこと、飯島を始めとするオタサー連中が思っていた以上に皆クズ揃いで、読んでいるうちにだんだん頭が痛くなってきました…。本当に、「全くどいつもこいつも……」状態。

主人公の飯島が、特に気持ち悪かった!


(オタサーの彼らにとっては)悪役だったハズの美憂でさえも、最後まで通してプレイしてみれば、「なーんか常に踏んだり蹴ったりで、すごい哀れな娘だよなぁ」と思えてくるから、不思議です。

以下、感想モドキをぐだぐだ書き散らしているので、ワンクッション置きます。

拍手[0回]




ある意味ゲーム購入の切欠となった、「裏アカ流出システム」を楽しみに二週目もプレイしたのですが、Twitterならではの明け透けな書き込み具合が、ヒロイン・美憂の二面性と自己中心的なキャラクター性に上手くマッチしてて良かった。
二週目から、ヒロインのTwitterを覗けるようになる、というのはすごく面白い試みだと思いました。

美憂の裏垢だけではなく、とある人物の手記もチラチラと読めます。
ある意味、そちらの内容の方がとてつもなく狂気に満ちていたかもしれません…。うー怖かった…



全てのシナリオを読み終えた結果としては、私は美憂のことを「嫌い」とは思えませんでした。
「そういう」生き方も、美憂みたいな姫願望強い娘にとっては、アリっちゃアリだと思うし。
そのあたりのデリケートな個人の内面については、とやかく言うモンじゃないしね…。

あー現実でだったら、絶対、彼女との深いお付き合いだけはご遠慮願いたいです。とどのつまり、面倒なだけの女だし。


……ただ。
美憂は男たちを利用しまくって、ミユミユ可愛いよってちやほやされて、皆に愛されながらあたし生きていたい!ってTwitter上で欲望だだ漏れだった割には、人を見る目が無かったんだろうな~というのが私の感想。

ゲーム中でも、何度も「愛されたい」「独りは嫌なの」「いいこにしてるから」「(誰でもいいから)抱きしめてほしい」……とそーいったワードが目立ちます。


美憂は(それがどんなに歪んだものであっても構わず)男たちの「愛情」を糧になんとか生きている女の子。
彼女は常に腹ペコで、貪欲です。彼女自身、自立して生きるためのパワーがもの凄く少ないように感じました。

常に相手から「与えられる」ばっかりの、人の好意を貪り、奪いながら生きている美憂が、自身の自己中っぷりを悔い改めない限りは、破滅の道は一生避けられないと思われ。

……うーん、やっぱり可哀想なんだよなぁ美憂は。


短い内容ながらも、なかなか楽しめるシナリオだったと思います。シナリオが上手過ぎて、読み終わった頃には軽く人間不信になりそうです!(笑)
あ、あとみさくらなんこつ先生の描くおにゃのこは相変わらず可愛かったです~。塗りと光の加減がとってもキラキラで素敵なんだよー!


あと、DLsiteの購入ページも貼っておきますぺたぺた。
PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
炎 みやび 
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
ゲーム、アニメ、読書、料理etc...
自己紹介:
※初めて訪問された方は、「ブログ概要」に目を通して下さると嬉しいです。

気ままに、好きなゲームのレビューを書いております。主にフリーゲーム中心。
女性向け(乙女・BLゲーム)の感想も扱うのでご注意ください。
あと、一応ネタバレには白文字で配慮しております。
時々、年齢制限があるコンテンツを紹介することもあります。
18歳未満の方(高校生含む)は閲覧にお気をつけください。

ブログ内検索

カウンター

P R

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- マネキネコ(ゲームレビュー) --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]