忍者ブログ

マネキネコ(ゲームレビュー)

同人フリーゲームのレビューをしております。 たまに、アニメなどの話題も。

2018/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


制作:シャイムの私目
ジャンル:教師と生徒の空想科学


「彗星の尾に含まれる水素が地球の酸素と化合すれば、人類は窒息する」

1910年にハレー彗星が接近したとき、人類は滅亡するというウワサが広がりました。
混乱する人々の上空を彗星は静かに通り過ぎました。
人類は滅亡しませんでした。

それから100年過ぎました。
2010年11月、晴れた日のこと。

15歳になったばかりの少女にキセキが起きました。
大好きな先生と偶然二人きりになれたのです。

先生は少女に課題を出しました。
「まもなく地球の酸素がなくなる」と。

彼女はいっしょうけんめい酸素を集めます。
これは先生から与えられたトクベツな課題です。
彼女は先生に認めてもらいたい気持ちでいっぱいです。

少女の冒険がはじまりました。


(制作サイトより引用)

製作サイトの「わたし、いま、酸化されました。」というキャッチコピーと、綺麗なグラフィックに惹かれてプレイしてみました!
とても素敵なゲームでしたので、紹介します。


主人公の少女・天音セレンは理科の教師、仁志先生に恋をする女子中学生。
運よく先生と学校で二人きりになれた主人公は、先生の出した「トクベツ課題」に挑戦することに。

それは、「学校に置いてある物を自由に使って酸素を発生させよ」というもの。
空気中の酸素が不足してしまうと、課題は失敗となります。


本作の大きな特徴と言えば、従来の乙女ゲームとは違い、「好感度」に関わる選択肢が発生しないことでしょうか。
代わりに、セレンの思考ベクトルを「科学的」にするか、「空想的」にするかを決める選択肢があります。

ゲーム画面の右上に、ゲーム中のセレンの思考ベクトルの状態を示すアイコンがあり、「科学的」「空想的」「中道的」のいずれかで表示され、その結果によりエンディングが変化します。


「科学的」に真面目に酸素集めに励んでも良いし、「空想的」に自由な発想を展開して奇抜なことをやっても、ゲームの中ではどれも間違いではありません。
ただし、酸素が18%未満まで減少してしまうとバッドエンド直行なので気をつけましょう。


主人公のセレンちゃんが、憧れの仁志先生に近づきたい一心で一生懸命、どうやったら酸素が出来るか思考を巡らせる様子がとても可愛らしい。
本編で元気にぴょこぴょこ跳ね回る彼女の可愛さが眩しいです…!誰かに対してとっても一途な女の子は素敵だ。
「空想的」選択肢で見せる、お茶目な思考も読んでて楽しい。


攻略対象である、クールで真面目そうな仁志先生が、実験中に見せる少年っぽい表情が生き生きしてて好きです。
それでいて、理系で白衣でメガネで七三だなんて……!どれか一つでも萌え属性を持っている方にとっては、たまらないキャラなのではないでしょうか。


「科学的」ルートでの、先生の解説も普通に読むだけでも勉強になります。身近にある酸素を扱う話なだけに、こういうちょっとした知識や雑学を知るのは楽しいですね。


このゲームでは、「冒険」というワードがよく使われています。
作中でもセレンちゃんは、「トクベツ」とは、ドキドキワクワクすることだと言っているように、日常でのちょっとした冒険が特別に感じるのは、そこに未知を探求する楽しさがあるからなのでしょう。


子供と大人の間にいる、15歳の少女は「トクベツ課題」という名の冒険の中で何を見つけるのか。
結末はご自分の目で確かめてみてください。


空想と科学の両方の楽しさが味わえる、爽やかな雰囲気の乙女ゲーム。男女問わず、是非いろんな方にプレイをお勧めしたいです。 

拍手[3回]

PR

はじめまして

はじめまして、みやび様。
二酸化テルルの批評ありがとうございます!
「冒険」という言葉の考察、とても興味深かったです。
冒険というと、剣と魔法とドラゴンのような身近には存在しないものと私は考えてしまうのですが、セレンにとっては冒険はすぐそこに転がっていて、でもぼんやりとしていたら気づけない、そういうものだと感じているのでしょうね。

みやび様の考察のおかげで、深みがましたような思いです。
素敵な批評をありがとうございました!
by カナノ 2014/02/17(Mon)20:36:47 編集

Re:はじめまして

こちらこそ、私の拙いレビューを読んでいただき光栄です…!カナノさんご自身からリプライが来るとは思ってなかったので、驚きました。
カナノさんの描く、二酸化テルルのきらきらとした雰囲気に惹きこまれ、最後まで楽しくプレイさせてもらいました。科学と空想、どちらのエンドも素敵で好きなのですが、中道エンドでの考えさせられる終わり方も興味深くて気に入ってます。
グラフィック担当の椎屋緒紅さんの繊細かつ優しいタッチの絵も含め、BGMやシステム、シナリオ全てが良いゲームだと心から思います。素敵な作品を、ありがとうございました。
2014/02/18 11:46
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
炎 みやび 
性別:
女性
趣味:
ゲーム、アニメ、読書、料理etc...
自己紹介:
※初めて訪問された方は、「ブログ概要」に目を通して下さると嬉しいです。

気ままに、好きなゲームのレビューを書いております。主にフリーゲーム中心。
女性向け(乙女・BLゲーム)の感想も扱うのでご注意ください。
あと、一応ネタバレには白文字で配慮しております。
時々、年齢制限があるコンテンツを紹介することもあります。
18歳未満の方(高校生含む)は閲覧にお気をつけください。

ブログ内検索

カウンター

P R

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- マネキネコ(ゲームレビュー) --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]